[2008年05月09日] 中国 胡錦濤国家主席が来日

中国 胡錦濤国家主席が来日しましたね。色々と会談しましたが、中国餃子「メタミドホス」混入の事件の伸展は?

東シナ海ガス田開発問題

  5月7日の会談で東シナ海ガス田開発問題で大きな進展があったことを明らかにした。
  福田首相は「長年の懸案に解決のめどがたった」とし、胡主席も「問題解決が見えてきた」と表明。
  両首脳は今後細目を詰めてできるだけ早期に合意することで一致したことを明らかにした。

チベット問題

  5月7日の会談で福田首相が「対話の継続を通じて状況を改善し、国際社会の批判を軽減するよう努力
  してほしい」と要請した。中国側では、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世側の特使と中国政
  府の対話が実現し「引き続き双方が接触を行うこと」と「接触が積極的な成果を上げることを望んで
  いる」と説明している。

パンダ外交

  5月7日の会談で胡錦濤国家主席がジャイアントパンダ雄雌1頭ずつを東京・上野動物園に貸与するこ
  とを明らかにした。

ピンポン外交

  5月8日胡錦濤国家主席が早稲田大学を訪れ、早稲田大構内の大隈ガーデンハウスで卓球の福原愛選手
  ・王楠選手との対戦をし友好をアピールした。しかし、アピールというよりかは本気で卓球をしたい
  だけなのか。胡錦濤国家主席は、上着と眼鏡を外しラケットを握ると表情が一変し福原選手を相手に
  鋭いスマッシュを連発していた。その後の福田首相の発言も気になる意味合い「非常に戦略的な卓球
  でしたよ。油断ならないと思いました」って素直な発言 or 裏がある発言 ?

北京オリンピックを支援する議員の会

  5月9日胡錦濤国家主席は東京都内のホテルで河野洋平衆院議長が会長を務める「北京オリンピックを
  支援する議員の会」と会談。「北京オリンピックはアジアだけではなく世界に貢献している。世界に
  感動をもたらす『一つの世界、一つの夢』、緑と技術の融合にしたい。国際社会への約束を果たす努
  力を続ける」と挨拶したが、ここ最近の中国の環境・言動・世論を考えると厳しい感じ。

前のページを表示 | 次のページを表示