Oracle スクリプト パーティションテーブル 確認 ストレージ情報

Oracle において スクリプト SQL パーティションテーブル 確認 ストレージ情報 とは以下を示します。

  1. パーティション毎のストレージ情報を確認する。
     spool partition_パーティション毎のストレージ情報の確認.log
    
     select to_char(sysdate,'YYYY/MM/DD HH24:MI:SS') as DATATIME
     from dual;
     select instance_name from v$instance;
    
     rem テーブルのストレージ情報 from dba_segments
     rem パーティション毎のストレージ情報を出力
    
     set pagesize 150
     set linesize 200
     col segment_name format a30
     col tablespace_name format a8
     col partition_name format a10
    
     select
      segment_name,
      tablespace_name,
      partition_name,
      initial_extent1024 INITIAL(KB),
      next_extent1024 NEXT(KB),
      min_extents,
      max_extents,
      pct_increase,
      freelists,
      freelist_groups,
      buffer_pool
     from
      dba_segments
     order by
      segment_name,
      partition_name
     ;
    
     set pagesize 14
     set linesize 80
    
     spool off
    

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage