Oracle チューニング AWR 概要

Oracle において AWR とは以下を示します。

AWR とは

  自動ワークロード・リポジトリ
  統計情報を収集する。

ADDM とは

  Automatic Database Diagnostic Monitor
  AWRで収集した統計情報を解析する。

  GUIツールであるが、CUIでも可能である。
  (GUI の場合には、Enterprise Manager が必要)

パフォーマンスアドバイザ とは

  ADDMから以下をアドバイスしてくれる。
  GUIツールであるが、CUIでも可能である。
  (GUI の場合には、Enterprise Manager が必要)

AWR オプション

下記オプションは購入が必要である。 ただし、AWR は初期化パラメータの変更のみで使用可能である。(statistics_level=typical 以上)

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage