PostgreSQL create temp table

PostgreSQL において、一時テーブル(temp table)の作成も可能である。一時的に値を保持しておきたい 場合などに有効であり、不必要なテーブルを増やさずに済むので良い。

create temp table

テーブルの作成

  \c test "TEST1"
  create temp table tb_temp
  (
  id integer,
  name varchar(255)
  )
  ;

データ挿入

  insert into tb_temp values (1,'tmpTest');
  insert into tb_temp values (2,'tmpTest');

データ確認

  select * from tb_temp;

  test=> select * from tb_temp;
   id |  name
  ----+---------
    1 | tmpTest
    2 | tmpTest
  (2 rows)

テーブルの確認。一時テーブルなので表示されない事を確認可能。

  test=> \d
                            List of relations
    Schema   |                 Name                 |   Type   | Owner
  -----------+--------------------------------------+----------+--------
   public    | tb_exetest                           | table    | TEST1
   public    | tb_ruletest                          | table    | TEST1

いったんログアウトをしてみると、一時テーブルも存在しない事が確認可能。

  test=> \q

  >psql -d test
  Password:
  Welcome to psql 8.1.4, the PostgreSQL interactive terminal.

  Type:  \copyright for distribution terms
         \h for help with SQL commands
         \? for help with psql commands
         \g or terminate with semicolon to execute query
         \q to quit

  test=# select * from tb_temp;

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage