Oracle MV part3 マスターサイトの設定

Oracle において MV マテリアライズド・ビュー とは以下を示します。

マスターサイトでの作業

  1. SYSTEMとして接続
     connect system/maneger
    
  2. レプリケーション管理者作成
     create user repadmin identified by repadmin
     default tablespace applsysd;
    
  3. レプリケーション管理者に権限付与
     BEGIN
        DBMS_REPCAT_ADMIN.GRANT_ADMIN_ANY_SCHEMA(
          username => 'repadmin');
     END;
     /
     GRANT COMMENT ANY TABLE TO repadmin;
     GRANT LOCK ANY TABLE TO repadmin;
     GRANT SELECT ANY DICTIONARY TO repadmin;
    
  4. プロパゲータを登録
     BEGIN
        DBMS_DEFER_SYS.REGISTER_PROPAGATOR(
         username => 'repadmin');
     END;
     /
    
  5. 受信者を登録
     BEGIN
        DBMS_REPCAT_ADMIN.REGISTER_USER_REPGROUP(
          username => 'repadmin',
          privilege_type => 'receiver',
          list_of_gnames => NULL);
     END;
     /
    
  6. スケジュール・パージを行う(レプリケーション管理者で接続)
     connect repadmin/repadmin@rdb01
     BEGIN
         DBMS_DEFER_SYS.SCHEDULE_PURGE (
            next_date => SYSDATE,
            interval => 'SYSDATE+1/24',
            delay_seconds => 0);
     END;
     /
    
  7. プロキシ・マスター・サイト・ユーザ作成
     connect system/maneger
     CREATE USER proxy_mviewadmin IDENTIFIED BY proxy_mviewadmin
     DEFAULT TABLESPACE applsysd;
    
     BEGIN
        DBMS_REPCAT_ADMIN.REGISTER_USER_REPGROUP(
         username => 'proxy_mviewadmin',
         privilege_type => 'proxy_snapadmin',
         list_of_gnames => NULL);
     END;
     /
     GRANT SELECT_CATALOG_ROLE TO proxy_mviewadmin;
    
  8. プロキシ・リフレッシャ作成
     CREATE USER proxy_refresher IDENTIFIED BY proxy_refresher
     DEFAULT TABLESPACE applsysd;
    
     GRANT CREATE SESSION TO proxy_refresher;
     GRANT SELECT ANY TABLE TO proxy_refresher;
    
  9. マスター・サイト間のスケジュール・リンクの作成

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage