Oracle MV part5 マテリアライズド・ビューサイトの設定

Oracle において MV マテリアライズド・ビュー とは以下を示します。

レプリケーションサイトでの作業

  1. SYSTEMとして接続
     CONNECT SYSTEM/MANAGER
    
  2. ユーザー作成
     CREATE USER mviewadmin IDENTIFIED BY mviewadmin
     DEFAULT TABLESPACE users;
    
     BEGIN
        DBMS_REPCAT_ADMIN.GRANT_ADMIN_ANY_SCHEMA (
           username => 'mviewadmin');
     END;
     /
     GRANT COMMENT ANY TABLE TO mviewadmin;
     GRANT LOCK ANY TABLE TO mviewadmin;
     GRANT SELECT ANY DICTIONARY TO mviewadmin;
    
     CREATE USER propagator IDENTIFIED BY propagator
     DEFAULT TABLESPACE users;
    
     BEGIN
          DBMS_DEFER_SYS.REGISTER_PROPAGATOR (
               username => 'propagator');
     END;
     /
    
     create user refresher identified by refresher;
     grant create session to refresher;
     grant alter any materialized view to refresher;
    
  3. マスターサイトへのデータベースリンクを作成
     CONNECT SYSTEM/MANAGER
     CREATE PUBLIC DATABASE LINK rdv01 USING 'rdv01';
    
     CONNECT mviewadmin/mviewadmin
     CREATE DATABASE LINK rdv01 CONNECT TO proxy_mviewadmin
     IDENTIFIED BY proxy_mviewadmin;
    
     CONNECT propagator/propagator
     CREATE DATABASE LINK rdv01 CONNECT TO repadmin
     IDENTIFIED BY repadmin;
    
  4. スケジュールパージを行う
     CONNECT mviewadmin/mviewadmin
     BEGIN
         DBMS_DEFER_SYS.SCHEDULE_PURGE (
            next_date => SYSDATE+1/1440,
            interval => 'SYSDATE + 1/144');
     END;
     /
    
  5. スケジュールプッシュを行う
     CONNECT mviewadmin/mviewadmin
     BEGIN
         DBMS_DEFER_SYS.SCHEDULE_PUSH (
             destination => 'rdv01',
             next_date => SYSDATE+1/1440,
             interval => 'SYSDATE + 1/144');
     END;
     /
    
  6. プロキシユーザーを作成
     ※実際に使用していないのでPDF参照
    

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage