PostgreSQL 初期化パラメータ確認

PostgreSQL において、初期化パラメータの確認をコマンド上でしたい場合、下記のコマンドを使用しま す。方法としては、pg_settings テーブルを利用、current_setting 関数の利用、show コマンドの利用です。

pg_settings

    select name, setting, source from pg_settings
    where name like 'log_duration';
    または
    select current_setting('log_duration');
    または
    show log_duration

    例1)現在のセッションのみ適用されている初期化パラメータ値
    # select name, setting, source from pg_settings
    # where name like 'log_duration';
         name     | setting | source
    --------------+---------+---------
     log_duration | on      | session

    例2)初期化パラメータファイルに設定されているパラメータ値
    # select name, setting, source from pg_settings
    # where name like 'log_duration';
         name     | setting |       source
    --------------+---------+--------------------
     log_duration | off     | configuration file

また、コマンド上で初期化パラメータの値を変更することも可能です。set_config 関数の利用 、set コマンドの利用です。ただし、データベースの再起動を必要とする初期化パラメータは適用され ません。

set_config

    set default_statistics_target = 1000 ;
    または
    select set_config('log_statement_stats', 'off', false);
      ※ true ⇒ 新規値を現トランザクションのみ適用する場合
      ※ false ⇒ 新規値を現セッションに適用する場合

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage