Oracle ドライバ Thin

Oracle において Thin ドライバ を示す。

Thin

  ここで必ず必要なのは「Thin」というJDBCドライバです。
  ここで使用したのは「Oracle JDBC Driver 10.1.0」を使いました。

使用例

  import java.sql.Connection;
  import java.sql.DriverManager;
  import java.sql.ResultSet;
  import java.sql.SQLException;
  import java.sql.Statement;

  public class Employee
  {
    public static void main (String args []) throws SQLException
    {
      //Oracle JDBC driverをロードします
      DriverManager.registerDriver(new oracle.jdbc.driver.OracleDriver());

      /*ここで重要なのは
      (1)ドライバの種類-----「Thin」
      (2)接続ホスト名-------「sdh0026」
      (3)リスナーのポート番号-----「1521」
      (4)SID----「plantable」 これは、データーベース名からドメイン名を取った名前
      (5)ユーザーID、password
      */
      Connection conn =
       DriverManager.getConnection ("jdbc:oracle:thin:@sdh0026:1521:plantable",
         "scott", "tiger");

      // Create a Statement
      Statement stmt = conn.createStatement ();
      // Select文の実行
      ResultSet rset = stmt.executeQuery ("select ENAME from EMP");
      // リザルトセットを最初から最後まで繰り返す
      while (rset.next ())
        System.out.println (rset.getString (1));
      //接続遮断
      rset.close();
      conn.close();
    }
  }

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage