Oracle トレース trace

Oracle において トレース を示す。

トレース

全て表示

  set autotrace on

問い合わせ結果を表示しない

  set sutotrace traceonly

実行計画だけを表示する

  set sutotrace traceonly exp

統計情報だけを表示する

  set sutotrace traceonly stat

トレースの表示項目

recursive calls

  再帰的SQLの実行回数。
  データディクショナリへの問い合わせ、領域確保、
  あるSQL文を実行するために発行される内部SQL文。

db block gets

  DBBCのアクセスブロック数。(SELECT FOR UPDATE,INSERT,DELETE,UPDATE)

consistent gets

  DBBCのアクセスブロック数。(FOR UPDATE文がないSELECT文)

physical reads

  ディスク上のデータファイルにアクセスしたブロック数。

redo size

  生成したREDOのバイト数。

bytes sent via SQL*Net to client

  プロセスからクライアントに送信したバイト数。

bytes received via SQL*Net from client

  SQL*Netを介してクライアントから受信したバイト数。

SQL*Net roundtrips to/from client

  クライアントと送受信したSql*Netメッセージ数。

sorts(memory)

  メモリ内でソートした回数。

sorts(disk)

  ディスク上でソートした回数。

rows processed

  処理対象となった行数。

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage