Oracle 物理設計 データブロック

Oracle において データブロック とは以下を示します。

データブロックの名称

  1. ヘッダー
     ブロックアドレス、セグメントのタイプ(データまたは索引・・・・・)
     などの一般的な情報が格納。
    
  2. 表ディレクトリ
     このブロックに行を持つ表についての情報が格納。
    
  3. 行ディレクトリ
     ブロック内の実際の行に関する情報(行データ領域内での各行断片
     化のアドレスも含む)。
    
  4. オーバーヘッダ
     (1.)(2.)(3. )をまとめた総称。
    
  5. 行データ
     表データ、索引データが格納。
    
  6. 空き領域
     新しい行の追加、更新に割り当てられる。
    

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage