PostgreSQL チューニング 統計情報収集 part3 システムテーブル

PostgreSQL において チューニング システムテーブル とは以下を示します。

  1. pg_stat_all_tables http://www.bishounen.sakura.ne.jp/rails/my_knowledge/show/426
     (stats_row_level必須)
     特定の表に対する各種操作の回数とレコード件数
    
  2. pg_stat_all_indexes http://www.bishounen.sakura.ne.jp/rails/my_knowledge/show/427
     (stats_row_level必須)
     特定のインデックスに対する各種操作の回数とレコード件数
    
  3. pg_statio_all_tables http://www.bishounen.sakura.ne.jp/rails/my_knowledge/show/428
     (stats_block_level必須)
     特定の表に対するバッファアクセス回数
    
  4. pg_statio_all_indexes http://www.bishounen.sakura.ne.jp/rails/my_knowledge/show/429
     (stats_row_level必須)
     特定のインデックスに対するバッファアクセス回数
    
  5. pg_stat_activity http://www.bishounen.sakura.ne.jp/rails/my_knowledge/show/430
     サーバプロセス単位で実行中のプロセスを表示
    
  6. pg_stat_database http://www.bishounen.sakura.ne.jp/rails/my_knowledge/show/431
     (stats_block_levelパラメータ必須)
     DB全体に対して実行したバッファアクセスと
     COMMIT/ROLLBACKの実行回数を表示
    
  7. pg_locks http://www.bishounen.sakura.ne.jp/rails/my_knowledge/show/432
     ロックウェイト、トランザクションの状態を表示
    
  8. pg_statio_all_sequences http://www.bishounen.sakura.ne.jp/rails/my_knowledge/show/433
     現在のデータベース内の各シーケンスオブジェクトに関する、
     そのシーケンスの読みとられたディスクブロック数とバッファヒット数を表示
    

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage