Oracle 障害回復 制御ファイル 制御ファイルの再作成

Oracle において 障害回復 制御ファイル 再作成 とは以下を示します。

障害状況

障害回復手順

  1. データベースをNOMOUNT状態で起動
  2. 制御ファイル再作成スクリプトを実行
     ALTER DATABASE BACKUP CONTROLFILE TO TRACEで出力したものから作成する。
    
  3. データベースを通常どおりに(USING BACKUP CONTROLFILE 句を指定せずに)リカバリ
  4. リカバリが終了した後、データベースをオープン
     RESETLOGSオプションは必要ない
    
  5. すぐに制御ファイルをバックアップ

実例

  1. データベースをNOMOUNT状態で起動
     SQL> STARTUP NOMOUNT
     ORACLE instance started.
    
     Total System Global Area  171966464 bytes
     Fixed Size                   787988 bytes
     Variable Size             145488364 bytes
     Database Buffers           25165824 bytes
     Redo Buffers                 524288 bytes
    
  2. 制御ファイル再作成スクリプトを実行
     SQL> @create_controlfile.sql
    
     Control file created.
    
     SQL> SELECT INSTANCE_NAME,STATUS FROM V$INSTANCE;
    
     INSTANCE_NAME    STATUS
     ---------------- ------------
     testoem          MOUNTED
    
  3. データベースを通常どおりに(USING BACKUP CONTROLFILE 句を指定せずに)リカバリ
     SQL> RECOVER DATABASE;
     ORA-00283: recovery session canceled due to errors
     ORA-00264: no recovery required
    
  4. リカバリが終了した後、データベースをオープン
     SQL> ALTER DATABASE OPEN;
    
     Database altered.
    
  5. すぐに制御ファイルをバックアップ

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage