Oracle 障害回復 オンラインREDOログファイル 取り消しベースの回復

Oracle において 障害回復 オンラインREDOログファイル 取り消しベースの回復 とは以下を示します。

障害状況

障害回復手順

  1. V$LOGFILE で消失したREDO ログのファイル名を検索する。
     これに対応するグループ番号を検索します。
     たとえば、次のように入力します。
     SELECT GROUP#, STATUS, MEMBER FROM V$LOGFILE;
    
  2. 損失したオンラインREDOロググループを確認する。
     ステータスが CURRENT (または未アーカイブ) であるかを確認する。
     たとえば、次のように入力します。
     SELECT GROUP#, MEMBERS, STATUS, ARCHIVED FROM V$LOG;
    
     ※メディアが使用できない場合には、違うメディアを使用する
     たとえば、次のように入力します。
     ALTER DATABASE RENAME FILE "?/oradata/trgt/redo01.log"
       TO "/tmp/redo01.log";
     ALTER DATABASE RENAME FILE "?/oradata/trgt/redo01.log"
       TO "/tmp/redo02.log";
    
  3. 不完全メディア・リカバリを開始する。
     CURRENT(または未アーカイブ) の場合、不完全メディア・リカバリを
     開始して破損したログの前のログまでリカバリを行う。
    
  4. RESETLOGS オプションを使用してデータベースをオープンします。
     ALTER DATABASE OPEN RESETLOGS;
    
  5. データベースを停止する
  6. 全体バックアップを取得する
  7. データベースを起動する

実例

  1. V$LOGFILE で消失したREDO ログのファイル名を検索する。
     SQL> SELECT GROUP#,STATUS,MEMBER FROM V$LOGFILE ;
    
         GROUP# STATUS  MEMBER
     ---------- ------- -----------------------------------------------------------
              1         C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TESTOEM\REDO01.LOG
              2         C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TESTOEM\REDO02.LOG
              3         C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TESTOEM\REDO03.LOG
              1         C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TESTOEM\REDO01_01.LOG
              2         C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TESTOEM\REDO02_01.LOG
              3         C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TESTOEM\REDO03_01.LOG
    
     6 rows selected.
    
  2. 損失したオンラインREDOロググループを確認する。
     SQL> SELECT GROUP#,STATUS,MEMBERS,ARCHIVED,SEQUENCE#,THREAD# FROM V$LOG;
    
         GROUP# STATUS              MEMBERS ARC  SEQUENCE#    THREAD#
     ---------- ---------------- ---------- --- ---------- ----------
              1 INACTIVE                  2 YES         11          1
              2 INACTIVE                  2 YES         10          1
              3 CURRENT                   2 NO          12          1
    
  3. 不完全メディア・リカバリを開始する。
     SQL> RECOVER DATABASE UNTIL CANCEL
     Media recovery complete.
    
  4. RESETLOGS オプションを使用してデータベースをオープンします。
     SQL> ALTER DATABASE OPEN RESETLOGS;
    
     Database altered.
    
  5. データベースを停止する
     SQL> SHUTDOWN IMMEDIATE;
     Database closed.
     Database dismounted.
     ORACLE instance shut down.
    
  6. 全体バックアップを取得する
  7. データベースを起動する
     SQL> STARTUP
     ORACLE instance started.
    
     Total System Global Area  171966464 bytes
     Fixed Size                   787988 bytes
     Variable Size             145488364 bytes
     Database Buffers           25165824 bytes
     Redo Buffers                 524288 bytes
     Database mounted.
     Database opened.
    

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage