Oracle 障害回復 データファイル クローズでの回復

Oracle において 障害回復 データファイル クローズでの回復 とは以下を示します。

障害状況

障害回復手順

  1. データベースを停止する。
  2. バックアップファイルをリストアする。
  3. データベースをマウントする。
  4. データファイルをリカバリする。
     SQL> RECOVER DATAFILE 1;
    
  5. データベースをオープンする。

実例

  1. データベースを停止する。
     既に停止状態である。
    
  2. バックアップファイルをリストアする。
     OSレベルでコピーする。
    
  3. データベースをマウントする。
     SQL> STARTUP NOMOUNT
     ORACLE instance started.
    
     Total System Global Area  171966464 bytes
     Fixed Size                   787988 bytes
     Variable Size             145488364 bytes
     Database Buffers           25165824 bytes
     Redo Buffers                 524288 bytes
    
     SQL> ALTER DATABASE MOUNT;
    
     Database altered.
    
     SQL> ALTER DATABASE OPEN;
     ALTER DATABASE OPEN
     *
     ERROR at line 1:
     ORA-01113: file 1 needs media recovery
     ORA-01110: data file 1: 'C:\ORACLE\PRODUCT\10.1.0\ORADATA\TESTOEM\SYSTEM01.DBF'
    
  4. データファイルをリカバリする。
     SQL> RECOVER DATAFILE 1
     Media recovery complete.
    
  5. データベースをオープンする。
     SQL> ALTER DATABASE OPEN;
    
     Database altered.
    

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage