Oracle インデックス 妥当性チェック

Oracle において インデックス 妥当性チェック とは以下を示します。

索引の妥当性チェック

  1. 目的
     索引内のブロックの整合性がとれているか確認する。
     索引内のブロックにフラグメンテーションが起きているかどうかチェックする。
    
  2. ブロックの整合性の確認
     ANALYZE INDEX 索引名 VALIDATE STRUCTURE ;
    
  3. 実行結果
     INDEX_STATSビュー
    
    1. DEL_LEF_ROWS/LEF_ROWSで削除された行の割合が高いかどうかチェックする。
    2. 有効範囲は、セッション内である。

ご訪問頂き有難う御座います。 当サイトを効率良く使うためにまずは FrontPage を見て下さい。 検索方法、一覧表示などの各情報を纏めています。
当サイトの説明 → Frontpage